スポンサードリンク

PHP phpdevで一発インストール

今回はフリーソフトの「phpdev」を使って、PHPが動作する環境(Apache、PHP、MySQL)を一発で整える方法を説明します。作業時間はほんの数分です。

【1】まずはphpdevをダウンロードします。以下のアドレスにアクセスしてください。

http://prdownloads.sourceforge.net/phpdev5/phpdev423.exe


【2】ダウンロードした「phpdev423.exe」をダブルクリックするとインストールが始まります。

pi-2.gif


【3】あとは保存先を指定して(通常はC:\phpdevのまま)、「Install」をクリックするだけです。

pi-3.gif

*インストール後、いろいろ画面が立ち上がる場合はいったん画面を閉じてください。


【4】phpdevのインストールが完了したら、C:\phpdevのフォルダを開き、

pi-4.gif

「2K-NT-XP-phpdev_start.bat」と「www」のショートカットをディスクトップに作成します。

pi-5.gif


【5】起動方法
ディスクトップに作成した、「2K-NT-XP-phpdev_start.bat」をダブルクリックするだけでApache、PHP、MySQLが使えるようになります。

以下のような画面が表示されると準備OKです。

pi-6.gif


【6】アクセス方法
PHPのファイルは「www」のフォルダ以下に置くようにします。そしてブラウザのURLに「http://localhost/」と入力すると、「www」の内容が表示されます。

pi-7.gif

*つまり、C:\phpdev\www イコール http://localhost/ の関係になります。
例えばwwwの中にtestというフォルダを作った場合は、http://localhost/test/ でアクセスします。


「phpdev」はとても便利なソフトですが、残念ながら Apache、PHP、MySQLのバージョンは最新のものではありません。

特にPHPはバージョンにより使える関数が異なりますので、本当は公開する時のレンタルサーバーと同じバージョンを使うのが理想です。ローカルの環境では動いていたのにレンタルサーバーでは動かないといったことが出てきます。

しかし初心者が基礎的なPHPプログラミングをするには十分な環境です。プログラミングに慣れてきたころに最新のソフトを個別にインストールしてもいいでしょう。


スポンサードリンク






PHP初心者入門講座TOPへ