PHP phpinfo()で動作確認

Apache、PHPが上手く動くか動作確認してみましょう。今回はあらかじめ用意されていて、PHPの各種設定情報を表示する「phpinfo.php」を動かします。

【1】ディスクトップに作成した「www へのショートカット」をクリックします。または C:\phpdev\www を開いても同じです。

pinfo-1.gif


【2】wwwの中に「phpinfo.php」があることを確認します。

pinfo-2.gif


【3】phpinfo.phpには以下の内容が書かれています。


<?
phpinfo();
?>


それでは phpinfo.php を動かしてみましょう。PHPを動かすにはあらかじめApache(サーバー)を機動しておく必要があります。


【4】ディスクトップに作成した「2K-NT-XP-phpdev_start.bat へのショートカット」をクリックします。

pinfo-3.gif


【5】 Apache が起動したことを確認します。

pinfo-4.gif


【6】ブラウザのURLに http://localhost/phpinfo.php と入力します。

pinfo-5.gif

* C:\phpdev\www\phpinfo.phpを動かすには、http://localhost/phpinfo.phpとブラウザに指示する必要があるわけです。


【7】phpinfo.php が表示されたら、Apache、PHPが上手く動いています。これでPHPプログラミングができます。

pinfo-6.gif


【8】ついでにPHPのバージョンを確認しておきます。PHP Version 4.2.3 と書かれています。PHPの関数はバージョンによって使えるものと使えないものがありますのでメモしておきましょう。

pinfo-7.gif


*PHPは php.ini で設定を行い、phpinfo.php で設定の反映を確認できます。phpinfo.php では他にも様々な設定情報をみることができます。


スポンサードリンク

スポンサードリンク






PHP初心者入門講座TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。