スポンサードリンク

PHP はじめてのPHPプログラミングをしてみよう。

今回はもっとも簡単なPHPプログラムを書いてみます。同時にPHPの実行環境としてインストールした phpdev の起動と終了の方法も覚えてください。

またPHPファイルを保存する場所と、ブラウザから実行する時のURLの関係を意識して進めてください。とても大事です。

PHPはウィンドウズに付属のメモ帳でも書けますが、「teraPad」というテキストエディタを使うと便利ですのでインストールしておくことをお勧めします。teraPadについては以下の記事を参考にしてください。Javaについての記事ですがPHPの場合でも当てはまります。
http://sunjava.seesaa.net/category/3502889-1.html


【1】マイコンピュータから C:\phpdev を開きます。

*「\」はWindowsではエンマークのことです。

php-01.gif


【2】www フォルダを開きます。

php-03.gif


【3】www フォルダの中に test フォルダを新規作成します。

php-04.gif

今後はこの test フォルダの中にサンプルプログラムを保存します。


【4】test フォルダの中に sample001.php を新たに作成します。

php-13.gif

*「\」はWindowsではエンマークのことです。

保存先 C:\phpdev\www\test
ファイル名 sample001.php

<html>
  <head>
    <title>sample001</title>
  </head>
  <body>
    <?php
      print("こんにちは");
    ?>
  </body>
</html>


*よくありがちな間違いがファイル名が sample001.php.txt となってしまうことです。拡張子に注意して下さい。


【5】C:\phpdev にある 2K-NT-XP-phpdev_start.bat をダブルクリックします。

php-02.gif

このバッチファイルは毎回使いますので、デスクトップにショートカットを作成しておいたほうが便利です。


【6】phpdev が起動しました。これで Apache、PHP、MySQLが使えるようになりました。

php-05.gif

同時にブラウザも起動します。アドレスは http://localhost/ です。
php-06.gif

画面が上手く表示されない場合は、ブラウザのアドレスに http://localhost/ と入力し、「移動」ボタンをクリックします。
php-07.gif

画面が表示されたら準備OKです。
php-08.gif


【7】作成したPHPプログラムを実行してみましょう。実行するにはいくつか方法があります。

・方法1
ブラウザのアドレスに http://localhost/test/sample001.php と入力し、「移動」ボタンをクリックします。
php-09.gif

・方法2
http://localhost/ で表示されている test フォルダをクリックします。
php-10.gif

sample001.php をクリックします。
php-11.gif

上記どちらの方法でもかまいませんが、URLを入力する方法に慣れていたほうがいいです。


【8】PHPプログラムが実行され、画面に「こんにちは」と表示されれば成功です。

php-12.gif


【9】phpdev を終了するには「閉じる」ボタンをクリックするだけです。

php-14.gif


【解説】

(1)PHPファイルの保存場所と実行時のURLの関係
今回最も重要な点ですが以下の2つが対応しています。
・ブラウザのURL http://localhost/
・フォルダ C:\phpdev\www

つまり、C:\phpdev\www イコール http://localhost/ の関係になります。
例えばwwwの中にtestというフォルダを作った場合は、http://localhost/test/ でアクセスします。


(2)<?php ?> で囲む
PHPはHTMLの中に埋め込む形で使われるのが一般的です。HTMLの中でPHPのタグで囲んだ部分はプログラムとして解釈して実行されます。

*逆にPHPでHTMLを書き出すこともあります。


(3)PHPファイルの拡張子は必ず「.php」にします。「.txt」や「.html」では実行できません。


(4)print()で画面に表示しています。文字列は「"」ダブルクォーテーションか「'」シングルクォーテーションで囲む決まりがあります。

以下のように書けば、PHPでhtmlを出力することもできるわけです。
print("<html>");


(5)PHPの実行時にソースコードを見るとPHPの働きがよくわかります。

画面をマウスで右クリックし、メニューから「ソースの表示」をクリックします。
php-15.gif

少しレイアウトが崩れていますが、sample001.php とソースコードを比べると、PHPの部分は結果だけが表示され、プログラムは見えないことがわかります。
php-16.gif

サーバーではPHPの部分を処理して、最終的にクライアントのブラウザにはHTMLとして返しています。


スポンサードリンク






PHP初心者入門講座TOPへ