スポンサードリンク

PHP 関数をマニュアルで調べる方法。

PHPには多くの関数が用意されています。関数とは「複雑な処理を簡単な関数名だけで呼び出せるようにした仕組み」のことです。

プログラマーはあらかじめ用意されたPHPの関数や、独自で作ったユーザー定義関数を上手く組み合わせてシステムを構築していきます。関数の中で関数を呼び出すこともできます。

つまり関数を使いこなすことがPHPの上達につながります。まずは既に用意されている関数をPHPのマニュアルで調べる方法を習得しましょう。


【1】PHPサイトにアクセスします。

http://www.php.net/

php-20.gif

TOPは画面が英語ですが心配ありません。サイト内のページによっては、接続元のIPアドレスから言語が自動で日本語に変わります。


【2】早速関数を調べてみましょう。検索窓に print と入力し、ボタンをクリックします。

php-21.gif


【3】print の説明が表示されました。言語は自動的に日本語になっています。

php-22.gif

日本語になっていない場合や、英語で説明を読みたい場合は、手動で言語を切り替えることもできます。英語のほうが内容が充実していることもありますので、参考にしてください。

php-29.gif


【4】print() は文字列を出力し、PHPのバージョンPHP4 と PHP5 で使えることがわかります。使えるバージョンの確認は大事です。

php-23.gif


【5】「説明」を読むと print() の使い方がわかります。また print() は実際には関数ではなく言語構造だと書いています。

php-24.gif


【6】下に print() の使用例があるので、どのように利用したらいいのかすぐにわかります。

php-25.gif


【7】print() と似たような働きのある関数についても調べることができます。

php-27.gif


【8】print() と関連のある関数のリストが表示されるので、このリンクからも芋ズル式に調べることができます。

php-26.gif


【9】練習で intval についても調べてみてください。

php-28.gif


【解説】

intval() を例に一般的な関数の読み方を説明します。

(1)関数には「返り値」と「パラメータ(引数)」があります。
int intval ( mixed $var [, int $base] )

・最初のintは返り値といい、関数が呼び出し元に返すデータ型を表します。
・関数名のあとの()カッコの中は、関数に渡すデータでパラメータ(引数)といいます。
・パラメータは「,」カンマで区切って複数指定できます。
・[]カッコは省略可能ということを表しています。

関数はパラメータを使っていろいろ処理を行い、結果を返り値として指定されたデータ型で返します。ただし返り値のない関数もあります。(処理だけ行う関数)


(2)intval()関数の使用例
$num = intval('10');

この例ではintval()のパラメータに文字列の 10 を 指定しています。整数値の 10 が返り値となりますから、変数 $num には整数値の 10 が代入されます。

失敗時は 0 を返しますので、パラメータの文字列が整数値に変換できる値かどうかの判断にも使えます。


スポンサードリンク






PHP初心者入門講座TOPへ